アメリカ政府データの公開サイト「Data.gov」が予算削減で閉鎖か - ネットカルチャー概論

アメリカ政府データの公開サイト「Data.gov」が予算削減で閉鎖か

アメリカ政府が所有する国の様々なデータを国民に提供するサイト「Data.gov」がまもなく閉鎖されるようです。

この情報はSunlight FoundationFederal News Radioが伝えたもので、今回の閉鎖の原因は政府の予算削減によるものだそうです。

「Data.gov」は、2009年にオバマ政権がスタートさせたサイトです。

連邦政府の持つ有益なデータを国民に提供し、見える化することで、データの有効活用を推進していました。

また、このようなデータを公表すれば、新たな情報サービス事業が生まれることにもつながるため、大変注目されていました。

多くの国々がこのサイトを参考にして、政府所有データを公開するサイトを作っていたのですが、政府の予算削減という厳しい現実に遭遇してしまいました。

また、「Data.gov」の他にも、いくつかのサイトが閉鎖になるようです。

以下に代表的なサイトをリストしておきます。

  • Data.gov
  • paymentaccuracy.gov
  • Performance.gov
  • FedSpace
  • USASpending.gov
  • Apps.gov/now

参考リンク

Permalink| TopPage|

Archives

Copyright © 2011 - 2021 ネットカルチャー概論
All rights reserved.